「ひと手間を惜しまない」自動車整備工場            須藤ヂャイアント商会

お問い合わせ 0172-52-2042

その他編

○警告灯(チェックランプ)が点いた

メーターパネル内にいきなりランプが点灯したり、ランプが消えなかったりしたら車からの重要なメッセージです。
最近の車は電子制御化が進んでおり、各コントロールユニットが常にセンサーからの信号を見張っています。
何かしらの不具合があった時に警告灯(チェックランプ)を点灯させ運転者に異常を知らせます。
調子が悪くないから大丈夫と過信せずに、早めに整備工場での診断をお勧めします!

images0Y0TB5H3.jpg




○エアコンが効かない

暑い時期に不可欠なエアコンですが、最近は夏だけではなくオールシーズン使用されています。
エアコンが効かない原因の多くはエアコンガスの不足です。
エアコンガスは漏れがなくても、年間で最大2割ほど自然に減少します。
とは言え、原因がガス不足だけとは限りません。
エアコンの不具合の原因は多種多様ですし、ガス不足の原因となる漏れがあるかもしれません。
エアコンの修理は高額になりやすいので、早めに整備工場での診断をお勧めします!

AC.jpg




○エンジンキーが回らない

車には盗難防止装置として「ハンドルロック」という機能があります。
ハンドルロックがかかってしまうとキーが「LOCK」の位置から回らなくなってしまいます。
対処方法としてはハンドルを小刻みに円周方向に動かしながらキーを回してみてください。
それでもダメな時は専門の業者や整備工場に依頼しましょう!

key.jpg




○ホーンが鳴って、ハザードが点滅する

セキュリティシステム(アラーム)が作動しています。
正常なロック解除やドアの開放が行われなかったのが原因です。
一般的にはもう一度キーレスにてロックするか、エンジンスイッチをONすることで止まります。
ただし、セキュリティシステムに異常があることも考えられます。
頻発するようなら、整備工場での診断をお勧めします!

imagesR2F3ALMU.jpg




○タイヤが片減りする

アライメントの狂いが原因だと思われます。
最近ぶつけたり、落輪した覚えはありませんか?
そのまま使用すると雨の日などにスリップしたり、タイヤがパンクしたりする危険性があります。
タイヤ交換だけではなく、アライメントの測定・調整をお勧めします!

imagesRHH2K3K1.jpg




○不意なトラブル時はどうしたらいいの?

最近はほぼ全ての保険会社の任意保険に無料のロードサービスが自動付帯されています。
保険会社以外にもカード会社などがロードサービスを付帯している場合もあります。
また、JAFやJRSなど会員向けに無料(一部有料)のロードサービスを提供しているところもあります。
ただし、使用条件やサービス内容などは各社で異なり、範囲外や提携外のロードサービスだと意外に高額になります。
自分の使えるロードサービスの内容について、事前に確認しておくことをお勧めします!

7eefa1d3f_s.jpg